MENU

このサイトは、ほとんどをパート薬剤師として、今までに10回ほど転職を経験してきた私が※ダンナが、転勤族なもので・・・)、その経験をもとに、自分の希望条件に合ったパート薬剤師の求人情報を、上手に見つける方法をご紹介しています。

 

パート薬剤師の求人情報の探し方

私、今までに、いろいろな地域でほとんどをパート薬剤師として転職を経験してきました。

 

うまく転職先を見つけることができたことも、うまくいかなかったこともありました。その経験をもとに、自分の希望条件に合ったパート薬剤師の求人情報を、上手に見つける方法をご紹介しますね。

 

白衣を着た女性

 

■パート薬剤師の求人を探そうと思ったときに、探し方は何種類かあります。

 

 1)薬剤師の求人を新聞の折込広告から探す。
 2)薬局の転職サイトで相談して探してもらう。
 3)近所の薬局で直接パート求人を探す。

 

 

それぞれに以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

新聞の折込広告でパート求人探す場合

 

メリットとしては気軽に情報を得られることです。

 

ただ、デメリットとして、パート薬剤師の求人広告がいつも入っているとは限らなかったり、
良い求人があった場合でも掲載時にすでに決まっている場合もある・・・などです。

 

転職サイトに登録して、探してもらう場合

 

メリットとしては

 

○時給や勤務地、勤務時間などの自分の希望条件に合った、薬局の求人先を紹介してくれる
○自分に合う薬局のパート求人がでるまで、何度でも紹介してくれる。
○処方箋枚数や何科の処方箋が多いか、事前に確認できる。
○登録や紹介を無料でしれくれる。
◯薬局やドラッグストアとの面談や交渉の場面で、自分では言えないことも派遣会社の人が協力してくれる。

 

デメリットとしては

 

転職サイトに登録しないといけないので、面倒だったり、プライバシーが心配・・・などがあります。

 

近所の薬局で直接パート求人をさがす場合

 

メリットとしては

 

もし希望の条件に合う薬局が見つかれば、近所なので何かと便利・・・ぐらいですかね。

 

デメリットしては、まず募集しているかどうか分からなかったり、
もし募集している場合でも、勤務時間や時給などを自分で交渉しないといけない・・・
などがあります。

 

 

 

以上の点から総合的に考えて、

 

私のオススメは、求人サイトを通してパート求人を見つける方法です。
(※私がうまくいった転職のほとんどが、求人サイト経由です。)

 

 

次におすすめのパート薬剤師の求人サイトをご紹介します。

 

 

 

 

おすすめパート薬剤師の求人サイトベスト3

◆パート薬剤師の紹介会社は何社もありますので、おすすめの求人サイトをご紹介しておきますね。
参考にしてください。

 

ファルマスタッフ

■ここは、東証一部上場の日本調剤グループが運営している転職会社です。ですので、調剤の現場を良く理解してして、薬剤師の立場に立ったアドバイスをしてくれるところが、一番におすすめしている理由です。

 

■「もしかして、日本調剤の薬局しか紹介してくれないかも・・・?」と心配する人もいるかもしれませんが、そんなことは無いようです。全国の多くの個人薬局から他の大手の調剤チェーンの求人も豊富みたいですので、その点は安心してできると思います。

 

無料で個別相談会を実施していますで、今すぐに転職希望でない人も、自分の今後の薬剤師としてのキャリアの相談ができるところもポイントが高いです。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

■他のパート薬剤師求人サイトは、他の医療職の求人も一緒にしているところが多いのですが、ここは、薬剤師専門なので、何となく安心感があります。

 

キャリアコンサルタントの人が地域専任制のようなので、希望する地域の特性を良く理解したうえで、役に立つ転職情報などを教えてくれるようです。

 

■もちろん、今すぐ転職したいわけではない方にも、キャリア相談を随時実施していみたいです。

 

ジョブデポ薬剤師

■ここも薬剤師専門の求人サイトで、日本全国の薬剤師の求人案件を多く持っているようなので、自分の希望条件に合った薬局を紹介してくれます。

 

■無料で求人を紹介してくれるのに、入職が決まったら40万円のお祝い金までもらえてお得です。(※もらえるのは正社員だけなので、パート薬剤師ではダメみたいです・・・。もし、正社員として仕事をするなら考えても良いかも。)

 

 

 

求人サイト(パート薬剤師)の上手な利用方法

求人サイトを利用する時のポイントをご紹介しますね。

 

すぐに薬局や病院、ドラッグストアで仕事をしたい方は、面倒ですけど1社だけではなく2〜3社に登録した方が良いです。

   (※担当の専任コンサルタントとの相性と、そこの会社の持っている求人の違いがあるため)

 

 

いますぐではないけれど、良いパート求人があれば検討したいと考えている人は、とりあえず1社に登録して、情報収集をしてみる。

   (※専任コンサルタントが自分の希望に合った求人をいろいろ無料で紹介してくれますよ。)

 

担当者に自分の希望をはっきり伝える。

 転職サイトでパート薬剤師の求人探しをお願いするときは、遠慮していてもしょうがありませんよね。
 @今すぐに求人を探しているのか
 A良い求人があれば検討したいのか
 B希望の時給や月収、休日や勤務時間・・・
など少し贅沢かもと思うことでも、伝えておいたほうが良いです。きっと、薬局との交渉でも味方になってくれると思いますよ。

 

 

 

 

 

・・・良い薬局がみつかりますように・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パート薬剤師の求人の傾向

パート薬剤師が、子育て中などで調剤薬局やドラッグストアの求人を探す場合、勤務地や労働条件(勤務時間や時給など)などがポイントになってくると思います。

 

薬剤師専門の紹介会社(有名なところでは、ファルマスタッフやマイナビ薬剤師など)は、専任コンサルタントが自分のパートの希望条件(扶養控除の範囲内で働きたい、子育て中で時間がとてない・・・など)に合う薬局を紹介してくれます。また、非公開求人などもを紹介してくれたり、求人票の書き方の指導もしてくれます。

 

また、パートで働く場合、そのドラッグストアや薬局などの雰囲気や人間関係、コミュニケーションのとりやすさなどの局内の雰囲気も重要になってきますので、専任コンサルタントに良く相談するようにすると良いです。

 

キャリアアップを目指す方は、自分に足りない薬剤師スキル(コミュニケーション能力や、未経験の診療科の処方調剤・・・など)の上達に適した調剤薬局やドラッグストア、病院選びを手伝ってくれる転職サイトを選ぶことが大切です。そのような方は、派遣薬剤師として調剤の仕事に従事するのも良いかもしれません。

 

パート薬剤師は、主に主婦の方や子育て中の方、労働条件で勤務地が限られている方、扶養の範囲で仕事をしたい方、子供に手がかからなくなり、自分のキャリを社会に活かしたいと思っている薬剤師の方が多いです。

 

東京や神奈川などのパート求人は、時給が安い傾向にありますが、地方などでは今でもかなり高い時給がもらえるところが多いです。